すそわきがの臭いの原因と解消法

すそわきがの臭いの原因と解消法について

すそわきがとなってしまう原因はアポクリン汗腺から分泌される汗にあり、元々は無臭となっていますが、その中に含まれている脂肪や尿素、アンモニアといったものが皮脂に含まれる脂肪酸と混ざり、皮膚の常在菌によって分解されることで独特の臭いを発するようになります。

 

特に衣類に汗やオリモノが付着すると、雑菌が繁殖しやすくなるので、下着を着けることになる陰部では、蒸れやオリモノなどが手伝って臭いが強くなるようです。

 

汗の中に含まれる脂肪などの成分は、全ての人が同じ量を排出するというわけではなく個人差があります。アポクリン汗腺の量も遺伝によって変わるため、分泌される量、含まれる成分の量によって臭いの強さが変わってくるということになります。

 

体質的なものも原因のひとつですが、何より問題となるのは排出される成分量の問題で、食生活によって臭いに関わる成分に違いがあらわれます。

 

肉を食べてばかりいると体臭が酷くなるという話がありますが、すそわきがにもこれに該当し、脂っこいもの、ニラやにんにくといった香りの強いもの、化学調味料などを積極的に摂取していると臭いの元となってしまいます。

 

また、睡眠不足やホルモンバランスの変化、ストレスといったものは汗を余分にかいてしまい、臭いやオリモノの原因を作ってしまうことにもなります。

 

食生活を中心に生活環境が悪いとすそわきがを悪化させる原因にもなるので、普段の食事からストレスのない生活、質の良い睡眠など改善をすることが症状を抑える手助けとなります。